恋ちゃんねる
[PR] ラグナロク 遠い昔、学生時代。一人の女の子を好きになった。恋ちゃんねる
FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10
不在中、ここを警備してくれたすべての人にありがとう(はぁと)


遠い昔、学生時代。一人の女の子を好きになった。 このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事にコメントをする (1)

皆さんのぐっとくる恋愛体験談教えて
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1070915768/


59 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:04/01/07(水) 11:07
おそらくこれもかなりどうでもいい話なんだが…。

遠い昔、学生時代。一人の女の子を好きになった。
その子はホントに可愛くて、今は彼氏と全くうまくいってない、と言う台詞に浮かれ
『ひょっとしたら俺にもチャンスがあるんじゃねぇか?』などと思い、猛アタックの日々。
なんとか二人きりで遊べるようにはなってたんだが、俺の願いも虚しく向こうは彼氏との付き合いもまだ切れずにいた。
『早くはっきりさせて欲しい』
若さゆえに駆け引きなどする余裕もなく、ただそれを繰り返すだけの俺。
そんなある日、自宅で夜中に先輩などと麻雀に興じてると俺のポケベル(時代を感じるね、どうも…)にメッセージが。
急いで彼女の自宅にかけ直すと彼女が泣いている。今すぐ行く、とだけ行って電話を切る俺。
しかし電車はもうない。貧乏学生にタクシーなどという高級なものを使うという発想などなく途方に暮れてると先輩が
“車使え。当てるなよ”とそれだけ言って車のキーを貸してくれた。
慣れない運転。恐ろしいことに彼女の家の前の道を気づかずに逆走するというおまけまでつけて彼女宅に到着。
公衆電話から彼女を呼び出し車の中で話を聞く。

スマン。もうちょっとだけ続く…



60 名前:59[] 投稿日:04/01/07(水) 11:22
『どうした?なんかあったか?』
出来るだけ泣いてる彼女を刺激しないように話を聞く。
しばらくは泣き続けてた彼女が口を開いた言葉は
「ごめんね…」だった。
全てを悟った俺。涙が出そうになるが精一杯強がる。
『気にすんな。俺は笑ってるお前が好きだったんだよ。だから笑っとけ』
陳腐な台詞。ここに着くまでは、絶対に上手くいかせてやる、とか思ってたくせに。
しばらく車の中で話して彼女も落ち着いてきたらしくこう言う。
「あのね。さっき待ってる時外見てたら逆走してる車いてね、危なかったんだよ」
『あ…それ…俺だ』
二人して爆笑。大笑いしながら何故か涙が溢れてきた。気づくと彼女も笑い泣きしてる。
そのまま抱き合って号泣。今考えたらアホ丸出しなんだが。

結局、彼女とはそれっきり。
付き合ったわけじゃないんだが、やけに記憶に残ってる。
帰り道にガス欠で止まっちまって、途方に暮れたこととかも含めてなw



61 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:04/01/07(水) 14:03
>>60
イイヨイイヨー
そういうの貴重な思い出だよ
自分もそういう思い出( ゚д゚)ホスィ



64 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:04/01/07(水) 16:45
>>60
すごく良いね。グッとくる話だ・・・
若いうちにそうゆう青春したいよね~。
スポンサーサイト





« 今年もまたあの浜辺へ|Top|貧乏な癖に2万円 »

コメント

54 名前: 恋する名無しさん ◆- 2008/07/20(日) 10:00:25 URL [ 編集 ]
くそ管理人、更新しろよカス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sora1mo1toberu1hazu.blog39.fc2.com/tb.php/139-76720215

Top

HOME

xOgrEx

Author:xOgrEx

この日記のはてなブックマーク数

 

主に恋人からの大きな愛情を実感した事をまとめています。

自分ではてブもしてます。ごめんなさい。


相互リンク募集してます
相互RSSも大募集中です

○連絡先
sora2sora2@gmail.com

ブログパーツ

QRコード