恋ちゃんねる
[PR] ラグナロク 2008年09月22日恋ちゃんねる
FC2ブログ
2008 081234567891011121314151617181920212223242526272829302008 10
不在中、ここを警備してくれたすべての人にありがとう(はぁと)


いらない子やと思っとるやろ このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事にコメントをする (4)

恋人からの大きな愛情を実感した事 Part11
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1198596623/


413 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2008/01/31(木) 02:35:16 ID:iVdFcQcOO
彼の仕事が忙しく、なかなか予定が合わないことで喧嘩して、デートの途中で彼が帰った。
かまってあげれなくてごめんねって、彼は謝ってるのに、上辺でしか許してなかった自分がいた。
どうみても我が侭です本当にry。

連絡つかないから手当たり次第探した。
彼は家に帰ってた。事故じゃなくてホッとした反面、申し訳なかった。

ごめんなさい。って家から出てきた彼に謝った。
彼は無言だった。


ああいらないな私。馬鹿だな、近くにいたらだめだわ、
負担になると思って帰ろうとした。
彼が、上がっていいよ、と言った。戸惑ったけどとりあえず上がった。

ケーキ一緒に食べよ、って笑って言われた。
彼が優しすぎて申し訳なさすぎた。本当に私は彼の負担だと思った。


隣にきて、って言われて、躊躇したけど、隣に座った、その瞬間抱き締められて
「いらない子やと思っとるやろ?そんなことない、いつも癒されとるよ。」

涙がとまらなかった
申し訳ないのと、嬉しすぎた。あまりにも止まらないから、ごめんって外に出た。
なかなか涙はとまらなかった。

しばらくして、もう一回彼の部屋の扉あけて、私はいつものように、へらっと笑った。
そしたら彼も、へらっと笑った。

スポンサーサイト



Top

HOME

xOgrEx

Author:xOgrEx

この日記のはてなブックマーク数

 

主に恋人からの大きな愛情を実感した事をまとめています。

自分ではてブもしてます。ごめんなさい。


相互リンク募集してます
相互RSSも大募集中です

○連絡先
sora2sora2@gmail.com

ブログパーツ

QRコード