恋ちゃんねる
[PR] ラグナロク 2008年09月10日恋ちゃんねる
FC2ブログ
2008 081234567891011121314151617181920212223242526272829302008 10
不在中、ここを警備してくれたすべての人にありがとう(はぁと)


手紙に託された想い このエントリーを含むはてなブックマーク

この記事にコメントをする (18)

思わず涙が出てしまった恋愛体験 part2
http://love.2ch.net/test/read.cgi/pure/1012059931/


275 名前:のら猫[] 投稿日:02/04/30(火) 06:31 ID:AcfeALCB
まだ1年ほど前の事なのですが・・・。
彼女がこの世を去りました。病死です。

その彼女と出会ったのは7年程前でした。
相手はその頃大学1年生でした。
持病があり、あと5年生きられるかどうか?と寂しく笑っていました。
それを承知で私たちはつきあい始めました。

つきあい始めたのは良いのですが、私の仕事の関係で遠距離(関西-東
北)になってしまいました。それでも彼女は笑いながら、逢えるついで
に旅行も出来ると言い、月に1度のペースで会いに来てくれました。
相手は実家に住んでいて、私は貧乏サラリーマン。それを察して、相手
が私の所に会いに来てくれていたのです。

 最初の3年は、その様な感じで普段は寂しいながらも、お互い幸せに
過ごすことが出来ました。
 そして相手は卒業。しかしこの就職難の折り、東北から関西に就職す
るのは無理でした。そこで彼女は地元で就職し、お金を貯めて関西に来
ると言いました。私も彼女を迎えるため、必死で貯金を始めました。

 相手が就職して1年が過ぎたころ、相手の遊びに来る頻度が、それま
で毎月だったのが、だんだん2ヶ月3ヶ月と間延びし始めました。
 毎晩電話で話をしていましたが、丁度1年半ごろ前から、たまに彼女
が電話に出ないことがありました。そのころから、ふと私に嫌な予感が
わき起こっていました。

 私は両親がいません。物心ついた時には、父親は蒸発。そして私が高
校の時に母親が病死しました。そのため、彼女の両親には嫌われていま
した。彼女はそれなりに良いところのお嬢様だったので、どこの馬の骨
とも分からない私は、最初から相手にされていませんでした。

 ある日、そんな彼女の父親から私の元に電話がありました。
 彼女の持病が重くなり、来週から入院することになる。だからもう電
話はかけてくるな、もうほっておいてくれとだけ言われ、一方的に電話
を切られました。





「手紙に託された想い」の続きを読む »

スポンサーサイト



Top

HOME

xOgrEx

Author:xOgrEx

この日記のはてなブックマーク数

 

主に恋人からの大きな愛情を実感した事をまとめています。

自分ではてブもしてます。ごめんなさい。


相互リンク募集してます
相互RSSも大募集中です

○連絡先
sora2sora2@gmail.com

ブログパーツ

QRコード